実際になると辛い坐骨神経痛について

座骨神経痛と呼ばれるものは、坐骨神経部分が圧迫されることにより痛みが発生する状態のことで、最も多いのがおしりの部分から太ももの後ろ部分にかけて痛みが出てきます。

坐骨神経はおしりから足先までの長い大切な神経ですが、この長さがあるために痛みが生じる部分も幅広くなっているのが難となっています。

症状が深刻になってくると、足先までに痺れが生じてしまうこともあり、指先まで痺れが現れることもあります。

天候の変化によって、症状のあらわれ方が変わり、すっきりできない状態が続くようです。

ぎっくり腰や椎間板ヘルニアに起こるような、突如として激痛に悩まされるものではないですが、これが治療に取り掛かるタイミングを遅らせてしまう原因ともなっています。

我慢できないほどではないので、病院で治療をしてもらわなくても支障はないと決め付けている人も相当いるのです。

痛みや痺れの問題も、一定の動きをした場合に起きることがよくあるため、日々その動作を極力しないようにするだけで治療を始めない人もいます。

座骨神経痛をそのままにして生活を続けることで、症状が悪くなるということもあります。

座骨神経痛は、同じ体勢を長時間にわたって継続することで、生じる可能性が高い症状であり、高齢者だけの問題ではないのです。

骨盤や股関節などの歪みを招くと、筋肉へと負担をかけることとなって、筋肉が腫れた状態となってしまいます。

腫れを招いた筋肉は、坐骨神経に負荷をかけることとなり、痛みが起きるようになります。

増加する疲れや歪みといったものから坐骨神経痛というのは出てくるのですが、突如として症状が起きます。

発症までに要する時間は人によって異なりますが、自分も発症する恐れがあると思って、常に姿勢に気をつけるようにしましょう。

[myphp1 file=’foo’]