正しい治療法とは?

坐骨神経痛というのは、正確な診断と治療をすることで、すぐに症状が治まります。

坐骨神経痛をあらわす症状は多数ありますが、それらが出てきたときは自分で判断せずに、医師による診察を受けましょう。

近い症状を引き起こす重い病気であることも考えられますので、素人判断は控えましょう。

坐骨神経痛は、発症してからの経過時間で慢性期か急性期かを見極め、それに合わせた治療法が用いられます。

症状が出てから48時間までで、炎症が発生しているのであれば急性期だと診断されます。

急性期のケースでは、炎症に対処するためにアイシングが不可欠となり、炎症が見られる箇所を冷やすと共に休ませます。

腰に痛みが生じると温めるという人がたくさんいますが、炎症が認められるときに温めるのは悪影響なので、気をつけましょう。

急性期は痛みがないので、日頃から同じ体勢ばかりにならないようにしたり、腰をひねるような動作をしないように注意しましょう。

48時間以上の時間が経過して、炎症が鎮まってくる時期を慢性期と呼んで、このタイミングでは、血行を良くする治療を始めます。

電気治療といった超音波を使用した治療が施されますし、ホットパックを活用した温熱療法が選択されます。

神経根ブロック注射を取り入れることもありますし、牽引治療が施されるパターンもあります。

ヘルニアなどから発生する坐骨神経痛であれば、手術が実施されることも珍しくありません。

症状が見られない場合は、腰周辺の筋肉を鍛えるための運動をすることが、症状を招かないための効果的な対策になります。