座骨神経痛とはなんですか?

坐骨神経痛というのは、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアと同様に、治療が要求されるトラブルです。

坐骨神経痛の症状に関してはピンポイントで現れるものではないので、それぞれの位置によっていろいろな症状があらわれます。

腰やおしりに生じる痛みがメインの症状と位置付けられていますが、太腿や足先、足などに痛みや痺れが生じることがよくあります。

痛みに関しては1日中続くというものではなく、身体を動かしたことで痛みを自覚し、痛みが生じる動作は人によって異なります。

一定の体勢をとると痛みが出てくることもありますし、痛み以外に痺れの症状も出てくるケースもあります。

症状が進行すると、痛みがきつくなり歩行までもが苦痛となり、足に力を入れづらくなり歩くことも困難となってしまうこともあるのです。

坐骨神経痛というのは、身体の歪みなどが引き金となり限られた筋肉に不要な力がもたらされてしまうことが要因とされています。

それゆえ、足の筋肉の付き方をチェックすると、右と左とで筋肉のつき方が異なっていることがあります。

このような筋肉のサイズの開きも坐骨神経痛に含まれると認識されています。

坐骨神経痛の主要な症状として、痛みだけにとどまらず痺れが挙げられますが、これ以外にも見られる症状があります。

熱くなることもありますし、逆に冷え性のように冷えを生じる場合もあります。

筋肉痛が起きた際のように、足が引きつるように感じる人もありますので、症状がなかなか治まらない人は、専門家に対処してもらうことが大切でしょう。

坐骨神経痛は片方に症状が出るのが特徴ですが、両側に症状が引き起こされているようなら早く相談してきちんとした治療を受けましょう。