水中ウォーキングがいいみたい

水中ウォーキングは、通常のウォーキングと同様に坐骨神経痛にとってかなり効果のある運動だと考えられています。

陸上を歩く普通のウォーキングと比べ、重力の影響が少ないので腰椎を刺激することなく運動が行えます。

水中でウォーキングを行うと、腰に負荷をかけることなく、意識しなくても水の抵抗により筋肉を鍛え上げることができますから、どんな人でも試すことができるのです。

水の抵抗があるほうがもっと効き目があるとして、たまに速さを上げて抵抗を強力にしようとする人が見られます。

水の抵抗が強くなれば運動量が多くなることは確かですが、腰を痛める原因になりますので、負担を感じないような運動を行う必要があります。

水中ウォーキングを実践するに際しては、後ろ側に背筋が反らないように姿勢に注意しつつ、スピードを落として進むのがコツです。

一歩を広くしてしまう人がいるのですが、姿勢を保つことができなくなるため、通常時の歩幅にとどめるようにします。

自分自身では抵抗を実感していない場合でも、坐骨神経痛には有効に働いていますから、手ごたえがなくても続けてみましょう。

思っている以上に全身を使用するのが水中ウォーキングになりますので、行う時間にも気をつけなければいけません。

坐骨神経痛を改善したり、予防のために取り入れるため、必要以上の運動は要りません。

水中では無理なく動いていると感じても、たくさん筋肉を使う運動ですから、経験のない人はおよそ10分にとどめておきましょう。

だんだん運動量を増やしていき、約30分の運動になるのを目標にしましょう。

水中ウォーキングはというと、体を健康にするのにも効果的なので、坐骨神経痛を患っていなくても実施してみることをおすすめします。